読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TMD45'β'LOG!!!

Life is Beta-ful.

予定通りの経過観察と処方変更

健康 メンタル

予定通り二回目の受診に行ってきた。この一週間は処方された薬で随分調子が良かった。服用から4日目くらいからは朝の通勤がとても楽に感じた。ただ睡眠リズムが崩れてしまって、夜早く寝落ちたり、そのせいで早朝変な時間に目が覚めたり、二度寝したら微妙に寝坊したりした(遅刻はしてないゾ)。

根本から治療するための薬(SSRI)は、服用初期に吐き気など胃腸の副作用が出やすく、そもそもストレスによる胃腸の症状でも困ってる私のようなケースではその点で逆効果になってしまうので、この一週間は "回避不能イベント" を乗り越えるために、医師と相談して対処療法的な薬だけにしてもらっていた。おかげさまでそのイベントは労せず乗り越えることができた(予定してたことの半分が中止になったので気が楽になったというのもあるけど…)。

そんなわけで、これからゴールデンウィークに入り、副作用が出ても無理せずいられるだろうということで、今回から処方に SSRI としてジェイゾロフトが加わった。初診の際に立てた計画通り。

今回はゴールデンウィーク前ということで病院側も予約がたくさん入っていて、診察時間も短かったが(とくに問題がない限り心療内科の再診は短いものだと思う)、以前(5年前)通っていた病院にくらべて信頼感のある受け答えをしてくれる先生だなぁという印象。安心感があると治りも良い気がするのでとても助かる。サイトや看板や、建物を見た時は若干古めかしく感じて、どうなることかと思ったけど、やっぱりメンタル系は行ってみないと分からないなぁと思った。

薬局も病院に近いところに新しく通っている。設備が(素人目には)新しくきれいで、薬剤師やスタッフの方の対応もとても丁寧で良い。今日は、数年使ってボロボロになってしまったおくすり手帳のビニールカバーを無料で交換してもらった。ありがたい。このおくすり手帳は、いまちょうど半分くらい埋まってるのでまだまだお世話になりそうだ。

あと今回から薬はジェネリック医薬品を選んだ(頓服はまだ残ってるので変わらず。初回はそもそも選ぶという話が出なかった)。ジェネリック医薬品の名前って基本的に成分名+メーカー名なのかな。

そういえば、これらの薬で吐き気とかが出るのは「何か食べておくと軽減される」というものじゃなくて、効能である「脳の神経伝達ほにゃららに作用する」ところで、合わせて胃腸のほうの回路にも影響してしまうもの(アバウトな理解)なのだそうだ。なるほど、そういうことなのねー。

自分の処方はまず少なめに始めてもらってるので、薬だけに頼らずにまた運動とか食事とか、健康オタクを楽しんで改善していけたらいいなと思う。

▲ ページトップへ移動