TMD45'β'LOG!!!

Life is Beta-ful.

POODR

社内勉強会で『オブジェクト指向設計実践ガイド』いいぞっていう話をした

いま Ruby をやってるひとなら、オブジェクト指向設計を学ぶ・復習するのに最適な本だと思う。まさに実践ガイド。一度身につけておくと、言語問わずに使える知識。すぐに仕事に活かせてとても役に立ったと感じた。 こんなひとにおすすめ 自分がそうでしたと…

メソッドの戻り値である複数の値を展開して他のメソッドの引数に使う

前回の記事を振り返ってみて、受ける側 f2 の引数が固定なのが「変化に弱そう」だなと思って、キーワード引数で考え直してみた。値を生成する側のメソッド f1 も Hash を返す。 def f1 { two: 2, one: 1 } # 順番も気にしなくていい end def f2(one:, two:) …

▲ ページトップへ移動